記事一覧

マイアミ・オープン 錦織圭が出場 [完]

パリバば残念ながら体調不良で欠場となってしまいましたが、気を取り戻して今週もマスターズ(マイアミ・オープン)です。
もちろん私の最注目は錦織圭選手!!錦織にとってはホームみたいな場所なので^^
パリバを制した注目の大坂なおみ選手にとってはハードスケジュールになりますが、気分最高で乗り込めそうですね!

いつもの記事と同様に、ジャンジャン追記していきまーす!


マイアミOPのドローの発表がありました。
(1回戦)
杉田祐一(43)vsハーセ(44)
西岡良仁(374)vs予選勝者
(2回戦)
錦織圭(33)vsゴヨブジク(50)

錦織選手は2回戦を勝利すれば3回戦は2週連続優勝と絶好調のデルポトロ選手との対戦が濃厚・・・
先週大会を盛り上げたダニエル太郎選手は予選決勝で難敵コキナキスを相手に本選出場を目指します。
女子では注目の大坂なおみ選手がセリーナ・ウィリアムズと対戦!



<3/22追記>
杉田祐一(43)vsハーセ(44)の1回戦が行われました。
第1セットは序盤に2回のブレークを許し1つ返すも4-6でハーセ。
第2セットは互いにキープからの第8ゲームでブレークに成功し6-3で杉田。
第3セットは、第2セットの終盤でイラつきを見せていたハーセに対し有利かと思われましたが、第2ゲームでブレークを許すとハーセのワンサイドの展開で1-6でハーセ。
セットカウント1-2で杉田祐一は1回戦敗退となってしまいました。

下部の大会を含めて3大会連続の初戦敗退と心配な状況です。


大坂なおみ(22)vsセリーナ・ウィリアムズ(491) 1回戦
現在は産休などでランキングを落としているセリーナとの対戦は、2-0のストレートで大坂選手の完勝、選手からの好調を維持しているようです。
杉田戦からのハードなスケジュールで夢うつつでの観戦でしたが(笑) 序盤はレシーブが好調の大坂に対しセリーナが緩急をつけたサーブで揺さぶりますが、すぐに対応し危なげない試合展開でした。



<3/23追記>
西岡良仁(374)vsアレックス・デミノール (130)
第1セットはいきなりデミノールのサービスをブレークするも追いつかれ2-2とされるが、そこから4ゲームを連取し6-2で西岡。
第2セットは第6ゲームで先にブレークを許すも第7ゲームから再び4ゲームを連取し6-4で西岡。
セットカウント2-0で勝利し2回戦進出。

積極的にネットプレーも取り入れ全豪OPの1回戦以来の久々の勝利で今季2勝目!



<3/24追記>
大坂なおみ(22)vsスビトリーナ(4)
スビトリーナは流石世界4位という強さでした。ただ、今の調子ならもうちょっとやれた気もしますが、崩れたのか崩されたのか、素人の私にはわかりませんが、上を目指すのに悔しい試合は大歓迎と言う事で^^

この試合で多用していたドロップショットですが、強打あってのドロップはやはり効果的ですね!スビトリーナの足でも中々追いつけない!

一応、今日の結果は、4-6、2-6でスビトリーナの勝利です。


錦織圭(26)vsミルマン(96)
第1セットの中盤からの観戦となってしまいましたが、2-4と1ブレークダウンの状況から。
約1か月振りの実戦だからか、風邪での調整不足からか、体調が回復しきれていないからか、第1セットは、フォアハンドがアジャストしないシーンが多くフォアハンドは以前よりもベタ足気味に感じました。それでも終盤で追いつきタイブレークを制して7-6で錦織。
第2セットも先にブレークを許し、一度は追いつくも直後に再びブレークを許し4-6で落とす。
第3セットは、夢うつつ気味の観戦となりましたが、フォアハンドも少し安定してきてブレークを許さず6-3で錦織。
ということで、長い試合を制して3回戦進出!
第2セット辺りにはかなり疲労感も見えていましたが無事に勝利!次は超難敵のデルポトロ戦ですが好ゲームを期待しましょう!



<3/25追記>
西岡良仁(374)vsベルディハ(13)
西岡は序盤からガットのテンションが合わずボールが飛ばない苦しい状況に陥りベルディハにペースを握られる。状況は最後まで変わらず完敗。(1-6、4-6)

今大会で頭一つ飛び出しているかと思われたフェデラーがコッキナキスに敗れる波乱がありました。コッキナキスはオーストラリアの若手でキリオスよりも有力選手と期待されていましたが怪我などから低迷していた選手ですが、昨年は故障前の錦織を苦しめるなど潜在能力の高い選手です。今大会は予選決勝でダニエル太郎を倒して本選入りしていました。
フェデラーが敗れたことでタイトルを狙いに来る選手は更に増えそうです。



<3/26追記>
錦織圭(33)vsデルポトロ(6)
試合開始が遅れ日本時間で朝方の試合開始となりました。
錦織は第1セットからショットの精度が上がらない、積極的にネットに出るが終始デルポトロに後手を踏み第1セットは2-6でデルポトロ。
第2セットになっても状況は変わらず丁寧に返球してくるデルポトロに終始劣勢のまま2-6で第2セットも落とし敗退。

この試合フットワーク良く足も動いているように感じましたが、ショットのミスが非常に多く完全復活にはまだ時間が掛りそうな感じがしました。
しかし、錦織選手はやはり他の日本人選手に比べてバリエーションが多いという事を実感しました。特に重要な局面でも臆せずに思い切ったプレーを仕掛けられる(失敗を恐れず)のは流石!



<3/29追記>
ベスト4を決める戦いが続いていますが、フェデラー他トップ選手も多く敗退しているため、マスターズ新王者誕生の可能性も十分に秘めていますね!
イズナーが早々にベスト4を決めていますが久々ですねー、故障に苦しむラオニッチもベスト8で復調の兆しか!?

なんて事を書いてはみましたが、錦織選手がいないのでとりあえずこの記事の幕を下ろしたかっただけなんです(笑)
この後は、デビス杯を挿んでクレーシーズンという事になるので相性の良いクレーで感覚を掴んでほしいですね!

ちなみに、ダブルスではマクラクラン勉組がベスト4に残っています!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村
↑野良猫ブログがたくさん!
ランキングUPにご協力をm(_ _)m

プロフィール

あまねこ

Author:あまねこ
「あまねこ」という猫プリント店を経営しています。
猫の写真を撮影する機会が多いのでUPする予定です。
趣味はテニス、釣り、海、腕時計etc

猫リンク

募集中!

猫サポーターさん